幅広い年代に人気の美容整形

美容外科と形成外科の違いは

日本では美容整形という言葉が一般化していますが正しくは美容外科です。形成外科と美容外科は同じようなものだと考える人もいます。しかしどちらも別物の治療で形成外科は事故や病気で出来た傷や失った組織や機能の再建など行います。
美容外科はシミやシワを除去して肌を若返らせたり、顔や体のパーツを改善して美しさを求める治療です。
整形は昔は生まれつきの顔を変えることに抵抗のある人も多かったのですが最近は幅広い年代に受け入れられるようになってきました。その理由は料金が以前と比べて格段に安くなったことと治療法と技術が進歩して手術時間が短くなったからです。
治療時間が10分程度の場合もありほとんどが日帰りできる整形となっています。

メイク感覚で行う美容整形

一般の人にも身近になった美容整形ですが、整形したことを隠すような人も少なくなってきました。プチ整形などは簡単な手術で術後は数ヶ月から数年で効果が薄れてしまいます。
たとえば唇をヒアルロン酸注射で分厚くしても自然に体内に吸収されてしまい数ヶ月で元のかたちに戻ってしまいます。そのため整形はメイクの延長だという感覚を持つ人が増えてきたのです。メイクが気に入らなければやり直せるようにプチ整形も気に入らなければ何度でも行えます。
若い女性だけでなく年配の女性もシミやシワ、たるみの改善にヒアルロン酸注射を行う人が増えています。ヒアルロン酸は注射するだけで肌を若返らせ美白効果もつくり出します。またボトックス注射も人気で、シワ取りやフェイスラインを整えて小顔にする効果があります。

最近では整形をしている場所が多くあるので、費用や技術面で比較をして市場に居場所を選んで利用できるので便利です。

© Copyright Beauty Ownership. All Rights Reserved.